ホーム > 事業案内 > コンサルタント部門 > 土木設計 > 各種構造物の耐震診断及び耐震設計

各種構造物の耐震診断及び耐震設計

目的

 わが国の国土やその周辺海域は世界的にも地震常襲地域であり、平成7年に発生した兵庫県南部地震以降さまざまな大地震が発生し、そのつど甚大な被害が報告されています。こうした状況を背景にわが国の耐震に対する考え方、基準が大きく変化しました。現在、公共建築物、ライフライン施設をはじめ民間施設に至る様々な構造物にて早急な対応が求められています。当社では、各種土木構造物から建築構造物の耐震補強の提案を行います。

内容

施設調査 現況施設調査にて損傷箇所の確認、その原因を明らかにします。コンクリートコア採取による破壊試験や計測機器による鉄筋調査を実施し、現在の健全度を調査します。
耐荷力照査 既設構造物がどの程度の地震に耐えられるのか、耐荷力の算定を行います。また、現行の基準に対する安全性についても併せて算定します。
補強方法の提案 健全度の回復、延命化、耐荷力の向上など求められる対策に最適となる工法の提案を行います。

技術ポイント

 耐震補強計画は基準となる指針、構造形式、支障物件の有無などにより解析手法や対策方法が大きく異なります。
 当社では、適切な解析方法と、入念な現地踏査により既設構造物に最適となる対策方法の提案を行います。また、その前段となる補修、補強すべき施設の抽出も、さまざまな視点から提案を行います。
施工前
施工後

実績

  • 静岡県浜松市  中沢墓園擁壁防災点検業務
  • 愛知県岡崎市  男川浄水場耐震補強予備設計
  • 愛知県岡崎市  仁木浄水場耐震補強予備設計
  • 愛知県岡崎市  男川浄水場ポンプ室、沈砂池耐震補強詳細設計
  • 愛知県岡崎市  仁木浄水場管理棟ほか耐震補強詳細設計 ほか
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ