FEM堤体安定解析

目的

 土木構造物の応力や変形問題を解析する方法として、圧密理論による沈下量や弾性理論では、その境界条件に限界があり複雑な設定において問題がありました。FEM解析による手法では、複雑な条件においても、変形や内部応力を詳細に求めることができます。

内容

  • STEPごとの変形・応力を算出するが計算条件は、「2次元静的線形解析」とします。
  • ソフトは、「 2D-σ (株)地層科学研究所」を使用します。
  • 計算対象は、近接施工、盛土、複雑な構造物などの対象とし変位、応力を算出します。

技術ポイント

  • 有限要素法( FEM解析)による変形、応力計算の実施
  • 自動メッシュ化によるスピーデイな計算実行
  • 複雑な形状にも対応するモデル化の作成
  • 計画構造物の安全確認。
  • 大口径管布設工事に伴う水路堤体部への影響
  • トンネル部上部における道路建設に伴うトンネル部への影響

モデルの設定

変形解析結果

実績

  • 国土交通省     天竜川堤体漏水部の浸透流解析
  • (独)水資源機構  大口径パイプライン布設による用水路堤体への影響検証 ほか
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ