ホーム > 最新業務 > コンサルタント部門 > 土木設計 > 袋井市における命山(津波避難施設)の造成設計

袋井市における命山(津波避難施設)の造成設計

概要・目的・規模・延長 等

 本業務は、津波被害の軽減を図るための緊急避難施設として、命山の整備を行うことを目的としております。命山の高さは標高10mとし、避難対象人数約1,300人を収容可能な避難面積を1㎡/人として、1,300を確保した盛土構造物としました。また、命山の平面形状は、津波の流れによる侵食や洗掘の影響を緩和可能とするため、隅角部のない曲線形を採用しております。
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ