ホーム > 最新業務 > コンサルタント部門 > 土木設計 > 春野地すべりにおける杉川護岸復旧設計

春野地すべりにおける杉川護岸復旧設計

概要・目的・規模・延長 等

 平成25年3月の異常降雨により、平成25年4月に杉川北側斜面上部の土塊が緩み、上部茶畑に亀裂変状が発生して斜面の一部が崩壊しました。本業務は、この崩壊により、一級河川杉川が閉塞及び被災したため、河川の機能を復旧するための護岸詳細設計及び仮廻し水路の詳細設計を行うものでした。設計内容は、護岸詳細設計(両岸)L=225m、仮設切廻応急仮水路設計L=250m及び河川協議資料作成1式でした。護岸詳細設計は大型ブロック積み及びブロック積みを採用し、仮設切廻応急仮水路設計では、木柵工・大型土のう・帯工・根固めブロック等を採用しております。
被災状況
施工状況
合流部状況
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ