ホーム > 最新業務 > コンサルタント部門 > 土木設計 > 地域活性化施設の外部空間の基本設計・実施設計・施工管理

地域活性化施設の外部空間の基本設計・実施設計・施工管理

概要・目的・規模・延長 等

 本業務は、御前崎市のシンボル的存在である御前埼灯台を核とした観光振興を重点的に行うため、灯台周辺の地域資源を活かした観光施設の新設に伴い、情報発信施設の実施設計、盛土造成用の擁壁、外構の詳細設計及び施工管理を行ったものです。
 当該施設の位置は、海岸線から近く、南海トラフ巨大地震での津波影響を勘案して、敷地の一部に擁壁を用いて、地盤高をあげ、できるだけ影響が少なく、万一、津波が発生した時でも、利用者の安全性を確保する構造としました。
 具体的には、およそ高さ5mの擁壁により、地盤高を高くし、その上に観光施設を新設しております。観光施設の屋上は南海トラフ地震での津波到達高を上回る高さになっており、緊急時の一時避難に寄与できるものと考えられます。
計画平面図
整備前全景
整備後全景
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ