ホーム > 新着情報 > 社会貢献活動 > 平成30年度「みどり~な春の環境教室」を開催しました。

平成30年度「みどり~な春の環境教室」を開催しました。

2018年5月18日
 株式会社フジヤマと一般財団法人浜松公園緑地協会は『浜松ホタルも棲(す)める良い自然プロジェクト』の一環として、「みどり~な春の環境教室」を開催しました。

〔日 時〕2018年5月12日(土)9:30~12:00
〔場 所〕浜松市緑化推進センター(通称:みどり~な)
〔参加者〕親子の皆さん65名、浜松公園緑地協会の皆さん、株式会社フジヤマスタッフ
〔講 師〕藤山静雄先生(信州大学理学部名誉教授・農学博士)

1.藤山先生のお話(9:30~10:00)

 はじめに、藤山先生による「生物多様性とは?」「ホタルも棲(す)める良い自然とは?」と題しての講義を行いました。
 スライドを使ったり、時々質問を交えながら、子供達にも分かりやすい内容に努めた結果、参加者の皆さんには熱心に聞き入ってもらえました。

2.昆虫と植物の観察と採集(10:00~11:00)

 子供達を「昆虫班」6つ、「植物班」1つに分けて、それぞれ園内の昆虫と植物の観察、ならびに採集に出かけました。
 子供達は昆虫を見つけるのに、時間を忘れる程、夢中になっていました。

3.昆虫と植物の資料調査、及び観察結果の発表(11:00~11:50)

  • 班ごとに採集した生き物を、図鑑で調べながら「どこに」「何が」「何匹いたか」などを、一覧表にまとめました。
  • そのあと、各班の代表が、調査結果の発表と気付いたことや分かったことなどを発表しました。

4.まとめ(11:50~12:00)

 藤山先生から「生き物調査は、同じ場所で定期的に行うことで、その場所の生物多様性が理解出来るようになる」「昆虫、植物や人間も互いに深く関わりながら生きている」というお話しをいただきました。

5.最後に

はまホタくん
(C)浜松ホタルも棲める良い自然プロジェクト
 みどり~なの生き物観察会も2016年の開始から3年目に入り、浜松市内各所から大勢の参加者が集まるようになり、今回も盛況でした。

 株式会社フジヤマは今後も、浜松公園緑地協会のみなさまと、
「浜松ホタルも棲(す)める良い自然プロジェクト」を推し進めるとともに、子どもたちに「多様な生き物と触れ合える機会」を提供してまいります。

【次回のみどりーなでの活動予定】
8月17日(金)9:30~12:00「ホタル水路の生きもの調べ」

【参考資料】平成30年 みどり~な昆虫・植物観察会のお知らせ[PDF:74.9KB]

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。右のボタンからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
TEL.053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部 受付:月~金曜日 8:15~17:15

メールでのお問合せ
お問合せ