空間情報整備

 基盤情報として作成された地形図、空中写真を利用して、各種法令に基づいた管理台帳データを構築します。そして整備した情報は、インフラ等の維持管理、各種計画、行政指導に使用されます。これら管理台帳データは、ICT技術を用いたシステムでの利用が可能となります。

数値地形図作成

 セスナ機やUAVにより撮影された空中写真をデジタルステレオ図化機に取り込み、数値地形図を作成します。

写真地図(デジタルオルソ)作成

 セスナ機やUAVにより撮影された空中写真を、デジタルステレオ図化機に取り込み、写真地図(デジタルオルソ)を作成します。

管理台帳整備

 現地調査及び諸資料により得た情報を、既存地形図上に展開し、図面及び調書にて構築される台帳を作成します。台帳化によって、適切な現状把握が可能となり、維持管理に有効で整備計画に必要な基礎資料となります。

防災情報

 現地調査、既存台帳、諸資料などにより得た情報を基に、自然災害による被害範囲などを地形図上に展開した「防災情報(被害予測)地図=ハザードマップ」を作成します。ハザードマップは災害への予防及び発生時における対応、インフラ整備計画などに有効活用されます。

お問合せCONTACT

TEL. 053-454-5892

株式会社フジヤマ 本社営業部受付:月~金曜日 8:30~17:30