『文化財』の継承に寄与
することができる仕事

都市・地域創造部 文化財研究室 S.K

2019年入社 静岡文化芸大学 デザイン学部 デザイン学科
※氏名は個人情報保護の観点から、イニシャルで表記しています。

現在の仕事とやりがい

私は、文化財の保存活用計画、整備基本計画の策定支援業務に携わっており、こういった計画の成果が目に見える形で現れるようになるまでには、時間がかかります。そのため、3年目の私がやりがいを実感するのはまだ先の話になりそうですが、文化財の現状と課題に向き合って、文化財の保存活用ためにできることをアイデアを絞りながら取りまとめている今の努力が、これから先何年か後に形として現れ、文化財の継承に寄与することを想像すると、わくわくします。

大学での専攻・現在の仕事で役立っていること

大学ではデザイン学科建築・環境領域に所属していました。大学の設計演習で繰り返し実践してきた、与えられた課題に対して、前提条件を整理し、現状の分析を行い、様々な検討をしたうえで最適なプランを提案をするという過程は、文化財の計画策定支援業務に役立っていると思います。

今後の目標

文化財と建築の両方の専門性を併せ持ち、その知識を実務に活かせるような技術者になりたいです。最近になってようやく、自分のなりたい将来像やそのような自分になるために、今の私にできることは何かを考えられるようになってきました。最近は、仕事にも役立つ休日の過ごし方として休日に観光目的で城跡を訪れたり、建築士の資格取得のための勉強をしています。

リクルーター面談担当します!

就職活動は時間も苦労もかかりますが、その分、自分を見つめ直す良い機会にもなります。できるか、できないかを不安に思う気持ちもあるとは思いますが、自分のやってみたいという気持ちを尊重しながら進路を選択することも大切ではないかと思います。皆さんが自分の将来のについてよく考えた上で、納得のできる選択をすることができるように、私もリクルーターとしてできるかぎりお手伝いしたいと思います。